6月16日は麦とろの日

6月16日は麦とろの日です。
6が「麦」で16が「とろ」で麦のおいしさや麦が身体にいいことを多くの方に知って欲しいという目的で制定されました。

昔から山芋は“山のうなぎ”と呼ばれるほど精がつくと言われ、でんぷん消化酸素のジアスターゼがタンパク質やビタミンB1等の栄養吸収率を高め、胃腸の消化吸収を助ける効果があります。