春(2008年3月~2008年5月)の天気・天候

2008年(平成20年)春(3~5月)の天候の特徴は以下のとおりです。
気温は、北日本から西日本にかけて高く、特に北・東日本ではかなり高かった
北・東日本では、5月中旬に寒気が南下し気温が低くなったが、その他の時期は寒気の影響を受けにくく、春の平均気温はかなり高くなった。
降水量は、北・東日本日本海側でかなり少なく、東日本太平洋側ではかなり多かった
本州南岸を東進した低気圧の影響をしばしば受けた東日本太平洋側では降水量がかなり多く、1946年以降、春としては第2位の多雨となった。一方、低気圧や寒気の影響が小さかった北・東日本日本海側では降水量がかなり少なく、北日本日本海側では1946年以降、春としては第2位の少雨となった。
日照時間は、西日本太平洋側でかなり多かった
移動性高気圧に覆われて晴れた日が多かった西日本太平洋側では、日照時間がかなり多かった。

1 概況

北・東日本では、5月中旬に寒気が南下し気温が低くなったが、その他の時期は寒気の影響を受けにくく、春平均気温はかなり高くなった。特に、冬型の気圧配置になる日がほとんどなく、移動性高気圧に覆われて晴れる日が多かった3月の高温が顕著であった。また、4月も寒気の南下がほとんどなく、北日本ではかなりの高温となった。北・東日本の降水量は、本州南岸を東進した低気圧の影響をしばしば受けた東日本太平洋側でかなり多く、1946年以降、春としては第2位の多雨となった。一方、低気圧や寒気の影響が小さかった北・東日本日本海側ではかなり少なく、北日本日本海側では1946年以降、春としては第2位の少雨となった。
西日本も寒気の影響を受けにくく、3か月続けて気温が高くなった。また、移動性高気圧に覆われて晴れた日が多かったため、西日本太平洋側では日照時間がかなり多くなった。沖縄・奄美では、気温、降水量、日照時間ともに平年並となったが、太平洋高気圧の西への張り出しが弱く、梅雨入りが平年に比べ大きく遅れた。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

春の平均気温は、北日本と東日本でかなり高く西日本で高かった。北日本の一部では平年を1.5℃以上上回った。沖縄・奄美では平年並だった。
(2)降水量
春の降水量は、東日本太平洋側でかなり多く、西日本太平洋側で多かった。日光(栃木県)、秩父(埼玉県)、千葉、横浜(神奈川県)、軽井沢(長野県)、伊良湖(愛知県)では春の降水量の最大値を更新した。一方、北日本から東日本にかけての日本海側ではかなり少なく、北日本太平洋側では少なかった。北日本の一部では平年の60%未満となったところがあり、北見枝幸(北海道)、青森、むつ(青森県)、秋田、新庄(山形県)では春の降水量の最小値を更新した。西日本日本海側と沖縄・奄美では平年並だった。

(3)日照時間

春の日照時間は、西日本太平洋側でかなり多く、東日本から西日本にかけての日本海側で多かった。一方、北日本太平洋側では少なく、その他は平年並だった。

出典:気象庁