2008年12月の天気・天候

2008年(平成20年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。
北・東日本で顕著な高温
南から暖かい空気が入りやすく、北・東日本では顕著な高温となった。
東日本日本海側で顕著な多照、北・東・西日本日本海側で少雪
冬型の気圧配置となる日は少なかったことから、東日本日本海側では顕著な多照となり、北・東・西日本日本海側では少雪となった。
北日本、東日本太平洋側、西日本日本海側で多雨
低気圧が数日の周期で日本付近を通過したため、北日本、東日本太平洋側、西日本日本海側では多雨となった。
沖縄・奄美で顕著な少雨、多照
沖縄・奄美では大陸からの高気圧におおわれ、顕著な少雨、多照となった。

1 概況

低気圧と高気圧が交互に日本付近を通過した。冬型の気圧配置となる日は少なく、全国的に天気は数日の周期で変わった。平年に比べ日本の東海上で高気圧が強く、日本海を進む低気圧や沿海州付近の気圧の谷に向かって、暖かい南風が入ったため、北・東日本では顕著な高温となった。冬型の気圧配置になる日が少なかったことから、東日本日本海側では平年に比べて晴れる日が多く、月間日照時間は、1946年の統計開始以来最も多かった。また北・東・西日本日本海側の降雪量は少なかった。低気圧がしばしば日本付近を通過したため、北日本、東日本太平洋側、西日本日本海側では多雨となった。沖縄・奄美では、大陸からの高気圧におおわれることが多く、顕著な少雨、多照となった。沖縄・奄美の月降水量は1946年の統計開始以来2番目に少なかった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値

(1)平均気温

月平均気温は、北日本と東日本でかなり高く、沖縄・奄美で高かった。相川(新潟県)では、12月の月平均気温の最高値を更新した。西日本では平年並だった。
(2)降水量
月降水量は、西日本日本海側でかなり多く、北日本と東日本太平洋側で多かった。深浦(青森県)では12月の月降水量の最大値を更新した。一方、沖縄・奄美ではかなり少なく、南大東島(沖縄県)では、12月の月降水量の最小値を更新した。東日本日本海側と西日本太平洋側では平年並だった。

(3)日照時間

月間日照時間は、東日本日本海側と沖縄・奄美でかなり多く、東日本太平洋側と西日本で多かった。特に北陸地方では平年の140%以上となったところが多かった。高田(新潟県)、伏木(富山県)、長野、八丈島(東京都)では、12月の月間日照時間の最大値を更新した。一方、北日本太平洋側では少なく、北日本日本海側では平年並だった。

(4)降雪・積雪

降雪の深さ月合計は、北日本から西日本にかけての日本海側で少なかった。月最深積雪は、平年を下回るところが多かった。

出典:気象庁