冬(2018年12月~2019年2月)の天気・天候

2019年(平成31年)冬(2018年12月~2月)の日本の天候は、東日本以西では冬の平均気温がかなり高く、特に沖縄・奄美は記録的な暖冬となりました。 北・東・西日本日本海側の冬の降雪量はかなり少なく、西日本日本海側は記録的な少雪となりました。

2019年(平成31年)冬(12~2月)の天候の特徴は以下のとおりです。
東日本以西では冬の平均気温がかなり高く、特に沖縄・奄美は記録的な暖冬となった
東・西日本と沖縄・奄美では、北からの寒気の影響は弱く、冬の平均気温はかなり高くなった。特に、沖縄・奄美では冬の平均気温の平年差が+1.8℃となり、冬の平均気温として最も高くなった(統計開始は1946/47年冬)。

北・東・西日本日本海側の冬の降雪量はかなり少なく、西日本日本海側は記録的な少雪となった
北日本日本海側では、発達した低気圧や湿った空気の影響が弱く、冬の降雪量は平野部を中心にかなり少なくなった。東・西日本日本海側でも、寒気の影響が弱かったため、冬の降雪量はかなり少なくなった。特に、西日本日本海側の冬の降雪量は平年比7%となり、冬の降雪量として最も少なくなった(統計開始は1961/62年冬)。

冬の降水量は、北・東日本で少なく、沖縄・奄美で多くなった
北・東日本では、発達した低気圧や湿った空気の影響を受けにくく、冬の降水量は少なく、北日本太平洋側ではかなり少なくなった。一方、沖縄・奄美では、暖かく湿った空気の影響で、冬の降水量は多くなった。

出典:気象庁