2019年3月の天気・天候

2019年(平成31年)3月の日本の天候は、気温が全国的に高く、東・西日本ではかなり高くなりました。日照時間は、ほぼ全国的に多くなりました。降水量は、北日本と東日本太平洋側で少なく、沖縄・奄美では多くなりました。
2019年(平成31年)3月の天候の特徴は以下のとおりです。

気温は、全国的に高く、東・西日本はかなり高くなりました。
全国的に暖かい空気に覆われることが多かったため、月平均気温は全国的に高く、東・西日本はかなり高くなりました。

日照時間は、ほぼ全国的に多くなりました。
高気圧に覆われやすかったため、北日本日本海側と東日本太平洋側を除き、全国的に日照時間が多くなりました。

降水量は、北日本と東日本太平洋側で少なく、沖縄・奄美は多くなりました。
低気圧は発達することが少なかったため、北日本と東日本太平洋側では月降水量は少なくなりました。一方、沖縄・奄美では、上旬に低気圧や湿った空気の影響を受けやすかったため、月降水量は多くなりました。

出典:気象庁