降水量の表現

ニュースなどで大雨を表現するときに「バケツをひっくり返したような」と言うことがあります。
気象庁は防災の助けとなるよう、時間雨量毎の人が受けるイメージを解説した表を作成しており、先の表現は時間30ミリ~50ミリの「激しい雨」の目安となっています。
これよりも強い50ミリ以上の「非常に激しい雨」では、「滝のように降る」が目安となっています。

このカテゴリの記事一覧

  1. 雨粒の大きさ
  2. 梅雨の語源
  3. 梅雨のタイプ
  4. 世界の降水量と水資源
  5. 東アジアの梅雨
  6. 梅雨の中休みの種類?
  7. 虹と角度
  8. 湿舌とは?
  9. 土砂災害の種類
  10. 雷が鳴ると梅雨が明ける
  11. 暑さと湿度の関係は?
  12. 夏の雷のメカニズム
  13. 夏山の天気と観天望気
  14. 観天望気とは?
  15. 落雷から身を守る方法
  16. 土用波とは?
  17. 波の高さ
  18. 台風の名前の付け方
  19. 入道雲と積乱雲
  20. 夕立は馬の背を分ける?
  21. 台風の発生個数
  22. 気温はどうやって観測している?
  23. 夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?
  24. 強い台風って?
  25. 梅雨(つゆ)とは?
  26. 梅雨入りとは?
  27. 梅雨明けとは?
  28. 逃げ水(にげみず)とは?
  29. エオルス音とは?
  30. 球電現象とは?
  31. 日射と日照の違いとは?
  32. エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは?日本への影響は
  33. 陽炎(かげろう)とは?
  34. 大雨とは?大雨とは何ミリから?大雨の基準
  35. カーチーバイ(夏至南風)とは?

関連する記事

  1. 2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況
  2. 2019年6月22日は七十二候の乃東枯(なつかれくさかるる)です。
  3. 2019年6月27日は七十二候の菖蒲華(あやめはなさく)です。
  4. 2019年7月7日は小暑(しょうしょ)です。
  5. 2019年7月2日は半夏生(はんげしょう)、七十二候の半夏生(はんげじょうず)です。
  6. 2019年6月22日は夏至(げし)です。
  • Uranai Style-pro占い館-
  • Uranai Style
  • 2019年吉方位運気アップ 吉方位と開運旅 35style