1. お天気.com
  2. 豆知識・知識
  3. 気象に関する知識
  4. 台風に関する知識
  5. 台風、ハリケーン、タイフーン、サイクロンの違いとは

台風、ハリケーン、タイフーン、サイクロンの違いとは

それぞれ最大風速の基準に違いはありますが、熱帯低気圧が存在する地域によって、その呼ばれ方が違います。

台風は東経180度より西の北西太平洋および南シナ海で日本の分類です。
ハリケーンは北大西洋、カリブ海、メキシコ湾および西経180度より東の北太平洋東部、タイフーンは北太平洋、サイクロンはベンガル湾、北インド洋に存在する熱帯低気圧を指します。

東太平洋のハリケーンが東経180度を横切れば台風の発生となります。
台風とタイフーンは似ていますが、基準となる最大風速に違いがあります。

また、ローカル名ですがオーストラリア西海岸ではウイリウイリー、フィリピンではバギオと呼ばれます。

国際分類 日本の分類 (最大)風速
Tropical Depression (TD) 熱帯低気圧 17.2m/s未満
Tropical Storm (TS) 台風 17.2~24.5m/s
Severe Tropical Storm (STS) 24.6~32.6m/s
Typhoon(タイフーン)
Hurricane(ハリケーン) (T)
Cyclone(サイクロン)
32.7m/s以上

最新の台風情報や最接近時刻コチラ