台風の上陸とは?

台風の上陸とは台風の中心が北海道、本州、九州、四国の海岸に達した場合を言います。
(沖縄は台風の上陸とは言わず、通過と言う。)

台風の接近とは半径300km以内に入る事を言います。
一般的に台風は上陸すると勢力が弱くなる事が多いですが、台風の進行速度が速いと勢力をあまり弱める事なく、接近・通過する事があるので注意が必要です。

30年間(1981~2010年)の平均では年間の発生が約26個、接近が約11個、上陸が約3個となっています。

最新の台風情報や最接近時刻コチラ