1. お天気.com
  2. 豆知識・知識
  3. 気象に関する知識
  4. 台風に関する知識
  5. 台風の構造。雲と雨の分布、アイウォールとスパイラルバンド

台風の構造。雲と雨の分布、アイウォールとスパイラルバンド

台風の中心付近には下降気流があり、その周辺に集まった空気が強い上昇気流を起こし積乱雲の壁を形成しています。この雲は眼の壁雲(アイウォール)と呼ばれ、ふつう雨はこの部分で最も強く降る。
また、眼の壁雲に向かってらせん状の雲列が連なっています。この雲の列はらせん状の分布をしているため、スパイラルバンドと呼ばれ、時に台風から離れた場所でも強い雨を降らせます。