雨と野菜の値段の関係

梅雨期は雨の日が多くなりますが、野菜に取って過剰な雨はストレスになります。
適度な雨は作物も生長を促進しますが、長雨が続くと逆に成長を妨げ、生育の遅れや品質の低下などの理由で市場に出回る量が減少します。このため、価格が高騰するケースが多く、野菜の生産地の長期的な天気傾向を知ることが重要になります。