秋の味覚サンマ

秋の味覚と言えばサンマ。
サンマは水温が14~18℃の動物性プランクトンを食べながら冬から春にかけて北上し、夏から秋にかけて南下します。暖流と寒流が交差する北海道東沖は栄養価が高い海水で、大型で脂肪を多く含んだ動物性プランクトンが大量に発生し、この餌を食べたサンマは丸々として脂がのります。