紅葉する仕組みと紅葉前線

全国各地のカエデなどが紅葉する日を結んだ線を、紅葉前線といいます。
紅葉は、秋になって急に気温が下がる場合や日中が暖かく夜間に冷え込みが強まると、葉に含まれるアントシアンなどの色素の量が増えて葉が赤くなる現象です。
朝の最低気温が8℃前後になる日があると、しばらくして紅葉が始まります。