気象病とは?天気痛とは?

気象の変化によって症状が出現したり、症状が悪化する病気の事を「気象病」といいます。
頭痛や喘息、めまい、リウマチなど。

その中でも天気が悪くなると症状が悪くなる、痛みが増す現象は「天気痛」と呼ばれるそうです。
気圧の低下や気温の急激な変化などが要因としてあげられます。
天気痛は低気圧が多く通過する春や秋に多いと言われています。

700万人が悩む気象病対策アプリ
【頭痛-る】