気象病とは?天気痛とは?

気象の変化によって症状が出現したり、症状が悪化する病気の事を「気象病」といいます。
頭痛や喘息、めまい、リウマチなど。

その中でも天気が悪くなると症状が悪くなる、痛みが増す現象は「天気痛」と呼ばれるそうです。
気圧の低下や気温の急激な変化などが要因としてあげられます。

天気痛は低気圧が多く通過する春や秋に多いと言われています。

頭痛アプリ

毎月35万人が利用中!
頭痛・気象病対策No.1アプリ

このカテゴリの記事一覧

  1. サクラの開花予想
  2. 春告魚(はるつげうお)とは何?
  3. 春に収穫されるニラは・・・
  4. 木の芽のほころび
  5. ぼた餅とおはぎ違いは何?
  6. ツバメが人家に巣を作る理由
  7. ソメイヨシノのはじまり?
  8. 桜前線の速さ・速度
  9. 桜(ソメイヨシノ)の寿命
  10. 花時の時期
  11. 山菜で体内を活性化
  12. モンシロチョウを初見の平年日
  13. 春の味覚「たけのこ」
  14. 害虫と気温の関係
  15. 根ミツバ、切りミツバ、糸ミツバ
  16. 森林浴のススメ
  17. アネモネの由来
  18. 目に青葉、山ほととぎす、初鰹
  19. 夏みかんを選ぶポイント
  20. ヤマツツジの開花
  21. 潮干狩りの時期
  22. 春キャベツとは?
  23. 牡丹の花の開花時期
  24. 新緑の季節
  25. アイスクリームの売れる気温
  26. アスパラガスの生産地と特徴、保存方法
  27. バラの季節
  28. にんにくの生産量が多い都道府県
  29. 五月蠅い(うるさい)とは?その語源

関連する記事

  1. 紅葉狩りの由来
  2. 秋桜(コスモス)
  3. 虫の鳴き声と気温の関係
  4. 秋の七草と春の七草
  5. スズメバチが凶暴化する季節?
  6. 長月(9月)の由来や語源