1. お天気.com
  2. 豆知識・知識
  3. 気象に関する知識
  4. 天気に関する知識
  5. 夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?

夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?

夏日真夏日猛暑日とは日最高気温によって、熱帯夜最低気温によって決められます。

最高気温が25℃を超えた日を夏日30℃を超えた日を真夏日35℃を超えた日を猛暑日と言い夏の暑さの目安としています。

また、夜間の最低気温が25℃以上の日を熱帯夜といいます。

梅雨が明け太平洋高気圧が日本付近を広く覆うと、夏の暑い晴天が続きます。7月下旬の大暑の頃から8月中旬頃に最も暑い時期となり、連日、真夏日や猛暑日となり、夜間も気温が下がらず、熱帯夜が続きます。

夏日・・・最高気温25℃以上の日
真夏日・・・最高気温30℃以上の日
猛暑日・・・最高気温35℃以上の日
熱帯夜・・・最低気温25℃以上の日

冬日、真冬日とは?

夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?