熱中症を疑う時の応急処置は?

【熱中症を疑う時の現場での応急処置】

涼しい環境への避難

  • 風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内等に避難させましょう。

脱衣と冷却

  • 衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。
  • きついベルトやネクタイ、下着は緩めて風通しを良くします。
  • 露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。下着の上から水をかけても良いでしょう。
  • 氷のうなど(なければ自販機で冷えたペットボトルや缶)をタオルにくるんで当て、首の前頚部の両脇、脇の下、大腿の付け根部分前面、股関節部分に当てて、皮膚の直下をゆっくり流れている血液(太い静脈)を冷やすことも効果的です。
  • 深部体温で40℃を超えると全身けいれん、血液凝固障害など最も危険な症状が現れます。
  • 体温の冷却はできるだけ早く行う必要があります。重症者を究明できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。
  • 救急車が到着するまでの間も、冷却をおこなっていることが大事です。

水分・塩分の補給

  • 冷たい水を持たせて、自分で飲んでもらいます。(飲めない状況だと危険なため。)
  • 冷たい飲み物は、胃の表面から体の熱を奪います。同時に脱水の補正も可能です。大量の発汗があった場合には、汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。ない場合は食塩水(水1ℓに対して1~2gの食塩)も効果的です。
  • 応答が明瞭で、意識がはっきりしているようであれば、口から冷した水分をどんどん与えて下さい。
  • 「呼びかけや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない(意識障害がある)」時には誤って、水分が軌道に流れ込む可能性がありますので水分は与えないで下さい。
  • 「吐き気を訴える」、「吐く」という症状は、既に銀杏の動きが鈍っている証拠のため、水分の補給はしないで下さい。病院での点滴が必要となります。

医療機関へ運ぶ

  • 自力で水分の摂取が出来ない時は、点滴で補う必要があるので、緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。

http://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_checksheet.php
(環境省 熱中症環境保全マニュアル引用)

このカテゴリの記事一覧

  1. 熱中症とは
  2. 熱中症を引き起こす様々な要因とは
  3. 熱中症はどのような場所で起こりやすいのか?
  4. 熱中症になりやすいタイプとは?
  5. 熱中症に特に注意したい高齢者や乳幼児
  6. ヒートアイランド現象の原因と傾向
  7. 熱中症のおこりやすい気象条件とは?
  8. 熱中症を疑うべきさまざまな症状
  9. どういう時に熱中症の危険を疑えばいいのか?
  10. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項のまとめ
  11. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項① 『暑さを避ける』
  12. エアコンの効率の良い使い方
  13. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項② 『こまめに水分を補給』
  14. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項③ 『急に暑くなる日に注意』
  15. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項④ 『暑さに備えた身体づくり』
  16. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項⑤ 『個人の条件』
  17. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項⑥ 『集団活動の場での配慮』
  18. 高齢者が熱中症に注意すること
  19. 高齢者が熱中症にかかりやすい理由
  20. 子供が熱中症に注意すること
  21. 幼児は特に熱中症注意!
  22. 運動時における熱中症の注意点
  23. 労働環境における熱中症の注意事項
  24. 暑さ指数(WBGT)とは

関連する記事

  1. 2019年7月23日は大暑(たいしょ)です。
  2. 2019年5月21日は小満(しょうまん)です。
  3. 2018年7月23日は大暑(たいしょ)です。
  4. 2018年5月21日は小満(しょうまん)です。
  5. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項④ 『暑さに備えた身体づくり』
  6. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項⑤ 『個人の条件』
  • Uranai Style-pro占い館-
  • Uranai Style
  • 2019年吉方位運気アップ 吉方位と開運旅 35style