ひょう(雹)とあられ(霰)の違い

ひょう(雹)とあられ(霰)の違いはその大きさによって区別されます。

ひょう(雹)直径5ミリ以上の氷の粒が大きくなった氷の塊で、氷の粒が積乱雲の中で上昇・下降を繰り返して大きくなり、ある程度の重さになると落下していきます。あられ(霰)直径5ミリ未満の氷の粒です。

ひょう(雹)は5~6月や10月など春や秋に降る事が多いようです。
真夏は気温が高いため雨となったり、雲が氷の粒ではなく水の粒になっている事が多いため、あまりひょう(雹)は降りません。
冬は積乱雲が他の季節に比べ発達しにくく、気温が低いため直径5ミリ未満のあられ(霰)になってしまうため、冬もあまり降らない季節です。

ひょう(雹)の大きさはゴルフボール程度から場合によっては野球ボールほどの大きさのものまであり、農作物やビニールハウスに被害を及ぼします(ひょう害)。

ひょう(雹)・・・雲(積乱雲)から降る直径5ミリ以上の氷塊
あられ(霰)・・・雲から降る直径5ミリ未満の氷の粒
みぞれ(霙)とは?ひょうやあられとの違い

ひょう(雹)とあられ(霰)の違い

このカテゴリの記事一覧

  1. みぞれ(霙)とは?ひょうやあられとの違い
  2. 冬日、真冬日とは?
  3. 春一番とは?時期や定義は?
  4. 初雪とは?終雪とは?各地の平年日
  5. 高さ(標高)と気温の関係
  6. 「晴れ」「曇り」「快晴」とは?定義は?
  7. 雨粒の大きさ
  8. 観天望気とは?
  9. 夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?
  10. 木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録
  11. 空はなぜ青い?空が青い理由
  12. ボイスバロットの法則とは?
  13. エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは?日本への影響
  14. 里雪型と山雪型とは?冬型の気圧配置と大雪
  15. 冬型の気圧配置とは?強い冬型とは?
  16. 地吹雪とは?地吹雪と吹雪の違い
  17. 関東や東京で雪が降る条件とパターン
  18. 竜巻の発生とメカニズムと時期
  19. 雪の結晶と種類
  20. 大荒れの天気とは?荒れた天気とは?
  21. フェーン現象とは?原因や季節、フェーンとボラ
  22. 天泣(てんきゅう)とは?狐の嫁入り

関連する記事

  1. 竜巻の発生とメカニズムと時期
  2. 流氷とは?流氷のでき方や時期
  3. ボイスバロットの法則とは?
  4. エオルス音とは?
  5. 空はなぜ青い?空が青い理由
  6. 吐く息が白くなる理由