観天望気とは?

観天望気(かんてんぼうき)とは生物の行動や自然現象(雲や霧の様子)を観察して天気を予想することです。

例えば、観天望気には、

「夕日が出ると次の日は晴れる」
「おぼろ雲(高層雲)は雨の前ぶれ」
「山に笠雲がかかっていると雨が降る」
「カエルが鳴くと雨が降る」
「猫が顔を洗うと雨が降る」 
「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」

などがあります。

高層雲は温暖前線の接近を、笠雲は水蒸気を多く含んだ空気が強風によって山にぶつかる事でできます。必ずそのような天気になるとは限りませんが、登山などの際には観天望気によって事前に注意する事ができます。

観天望気とは

このカテゴリの記事一覧

  1. みぞれ(霙)とは?ひょうやあられとの違い
  2. 冬日、真冬日とは?
  3. 春一番とは?時期や定義は?
  4. 初雪とは?終雪とは?各地の平年日
  5. 高さ(標高)と気温の関係
  6. ひょう(雹)とあられ(霰)の違い
  7. 「晴れ」「曇り」「快晴」とは?定義は?
  8. 雨粒の大きさ
  9. 夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜とは?
  10. 木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録
  11. 空はなぜ青い?空が青い理由
  12. ボイスバロットの法則とは?
  13. エルニーニョ現象、ラニーニャ現象とは?日本への影響は
  14. 里雪型と山雪型とは?冬型の気圧配置と大雪
  15. 冬型の気圧配置とは?強い冬型とは?
  16. 地吹雪とは?地吹雪と吹雪の違い
  17. 関東や東京で雪が降る条件とパターン
  18. 竜巻の発生とメカニズムと時期
  19. 雪の結晶と種類
  20. 大荒れの天気とは?荒れた天気とは?
  21. フェーン現象とは?フェーン現象の原因や原理、起こりやすい季節
  22. 天泣(てんきゅう)とは?狐の嫁入り
  23. 雨一番とは?

関連する記事

  1. 2019年2月24日は七十二候の霞始靆(かすみはじめてたなびく)です。
  2. 2019年3月1日は七十二候の草木萠動(そうもくめばえいずる)です。
  3. 2019年2月19日は雨水(うすい)です。
  4. 2019年2月19日は七十二候の土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)です。
  5. 2019年2月4日は立春(りっしゅん)です。
  6. 2018年3月1日は七十二候の草木萠動(そうもくめばえいずる)です。