なぜ太陽の周りに暈があらわれるのか

太陽の周りに暈のような大きな光の輪や筋がかかっているのが見えることがあります。
巻層雲と呼ばれる高い所に出る雲がある時に多く見られます。氷の粒からできているこの雲の中を太陽の光が通るときに氷の粒にぶつかり屈折・反射し、光が多く差す方向に色づいたり、明るく見えるため暈がかかっているように見えます。