遅霜による被害

春は植物が新芽を伸ばし始め、農業では露地栽培の苗の植え付け時季ですが、新芽を伸ばす時季は寒さに対する防御力が一番弱くなっています。特に遅霜は植物にとって大きな脅威で晴れている日に起こりやすくなります。
野菜や茶などが遅霜の被害を受けると生産量が少なくなるため価格の上昇につながり、消費者の台所に影響が及びます。