浴衣(ゆかた)は当て字?

浴衣(ゆかた)は木綿で作られた単衣(ひとえ)の着物ですが、浴衣の漢字は当て字で、湯帷子(ゆかたびら)の略語として生まれました。
風呂と言えば浴槽式ですが、江戸時代は蒸し風呂が主流でした。その湯に入る時に着たのが湯帷子で、帷子とは夏用の単衣の着物を意味しています。