木枯らし1号とは?

木枯らし1号とは、晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの(やや)強い風の事で、10月下旬の霜降から11月下旬の冬至までの間に冬型の気圧配置となって、北よりの風速8メートル以上の風が吹くと、気象庁はその風を「木枯らし」と認定し、最初の木枯らしを木枯らし1号として発表しています。

木枯らし1号の発表は東京と大阪のみで、木枯らし2号以降は発表されません。