1. お天気.com
  2. 豆知識・知識
  3. 気象に関する知識
  4. 天気に関する知識
  5. 木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録

木枯らし1号とは?発表基準や条件と記録

木枯らし1号とは、西高東低の冬型の気圧配置となり、その年初めて吹く北よりの(やや)強い風(季節風)の事で、東京地方と近畿地方でのみ発表されます。

例えば東京地方では、10月半ばから11月末までの間に冬型の気圧配置となって、北よりの風速8メートル以上の風が吹くと、気象庁はその風を「木枯らし」と認定し、最初の木枯らしを木枯らし1号として発表しています。

東京地方と近畿地方ではそれぞれ基準や条件が異なり、例えば近畿地方の期間は霜降(10月23日ごろ)から冬至(12月22日ごろ)であり、東京地方の木枯らし1号の対象期間と違いがあります。

木枯らし1号の発表は東京と大阪のみで、木枯らし2号以降は発表されません。

東京地方の木枯らし1号の基準

【期間】 10月半ば~11月末の間
【気圧配置】 西高東低の冬型の気圧配置で季節風が吹く
【風向】 東京の風向が西北西~北
【風速】 東京の最大風速が8m/s以上

近畿地方の木枯らし1号の基準

【期間】 霜降(10月23日ごろ)~冬至(12月22日ごろ)
【気圧配置】 西高東低の冬型の気圧配置
【風向】 北よりの風
【風速】 最大風速が8m/s以上

東京地方の木枯らし1号の記録

・最早 10月13日
・最晩 11月28日
(1951~2016年)

近畿地方の木枯らし1号の記録

・最早 10月25日
・最晩 12月19日
(1980~2016)

木枯らし1号