1. お天気.com
  2. 豆知識・知識
  3. 健康気象
  4. 熱中症に関する知識
  5. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項④ 『暑さに備えた身体づくり』

熱中症予防のための、日常生活での注意事項④ 『暑さに備えた身体づくり』

④暑さに備えた身体づくりをしましょう。

熱中症は、梅雨の合間や突然気温の上がった日や、梅雨明け後の蒸し暑い日によく起こります。まだ、この時期は暑さに慣れていないため、熱中症が起こりやすいのです。熱中症が起こりやすいのです。

暑い日が続くと身体が次第に慣れて、暑さに免疫ができます。子の慣れは、発汗量や皮膚血液量の増加、汗に含まれる塩分濃度の低下、血液量の増加、心拍数の現象などとして現れますが、こうした暑さに対する身体の適応は気候の変化おり遅れて起こります。

暑熱順化(暑さに強くなるためには)日頃からの運動で鍛えることができます。例えば30分程度のウォーキング等でも効果的で、汗をかく習慣を身につけていれば、急な暑さにも対抗しやすく、熱中症にかかりにくくなります。夏本番の暑さに向けて速い内から準備しておきましょう!

⑤個人の条件

0

このカテゴリの記事一覧

  1. 熱中症とは
  2. 熱中症を引き起こす様々な要因とは
  3. 熱中症はどのような場所で起こりやすいのか?
  4. 熱中症になりやすいタイプとは?
  5. 熱中症に特に注意したい高齢者や乳幼児
  6. ヒートアイランド現象の原因と傾向
  7. 熱中症のおこりやすい気象条件とは?
  8. 熱中症を疑うべきさまざまな症状
  9. どういう時に熱中症の危険を疑えばいいのか?
  10. 熱中症を疑う時の応急処置は?
  11. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項のまとめ
  12. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項① 『暑さを避ける』
  13. エアコンの効率の良い使い方
  14. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項② 『こまめに水分を補給』
  15. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項③ 『急に暑くなる日に注意』
  16. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項⑤ 『個人の条件』
  17. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項⑥ 『集団活動の場での配慮』
  18. 高齢者が熱中症に注意すること
  19. 高齢者が熱中症にかかりやすい理由
  20. 子供が熱中症に注意すること
  21. 幼児は特に熱中症注意!
  22. 運動時における熱中症の注意点
  23. 労働環境における熱中症の注意事項
  24. 暑さ指数(WBGT)とは

関連する記事

  1. 2018年7月23日は大暑(たいしょ)です。
  2. 2018年5月21日は小満(しょうまん)です。
  3. 幼児は特に熱中症注意!
  4. 運動時における熱中症の注意点
  5. 労働環境における熱中症の注意事項
  6. 熱中症予防のための、日常生活での注意事項② 『こまめに水分を補給』