温室効果とオゾンホール

温室効果の基となっている気体は、水蒸気や二酸化炭素、オゾン等であり、温室のガラスの役割を果たしています。化石燃料による二酸化炭素の増加によって、平均気温が上昇しているといわれています。
オゾン層は人体に有害な紫外線を吸収する働きがありますが、春~初夏にかけて南極や北極などの地域の上空のオゾン濃度が減少するオゾンホールが問題となっています。