山が笑う!?

春の山は明るく生気があり、霞がたなびいていかにも快適で、あたかも山が笑っているように思われることから「山笑う(やまわらう)」と言われます。
漢詩集の臥遊録(がゆうろく)の「春山淡冶(たんや)にして笑う如く」に由来すると言われています。