走り梅雨とは?

5月中旬から下旬にかけて、まるで梅雨を思わせるような、ぐずついた天気となる時がありますが、これを走り梅雨と言います。
通常はその後しばらく晴天が続いたあと、本格的な梅雨に入りますが、年によっては走り梅雨が長引いて、そのまま梅雨入りすることもあります。